読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

‪難しいことはよくわからないけど っていう枕詞はだめです 難しいこともわかろうとしないと進歩ないでしょ 知識に貪欲でいなきゃでしょ そういう意味じゃないのは分かるけどそう思います‬

カルチャー

サブカルチャーについての話をします

サブカルという安直な括り方や認識についてディスり サブカルチャーのあり方についてここに話したいと思います

何かにつけて私はサブカル好きそう サブカル系だね サブカル女子だ サブカルサブカル と認識されるんですけど みんなサブカルわかってんの なんなの

サブカルチャーっていうのは、カルチャーが存在する そのサブの位置付けなわけで カルチャーとは文化をさすわけで つまりカルチャーはゲイジュツってことになると思うんです そのサブポジションはサブカルチャー つまり大衆的な娯楽として映画だとかクラシカルではない音楽を指すと思います 歴史の教科書に載るようなカルチャーは文化だしそうでないカルチャーはサブカルチャーなわけです

それに加えてアンダーグラウンドの要素も加わるんじゃないかなと それこそ60年代のアングラです 寺山修司横尾忠則の世界観 そしてポップアート このあたりは大衆的とは言えないけどそういう要素も含んでサブカルチャーではないかなと

高校時代はいわゆるサブカル女子してました ええ認めます でもそこからの脱却は早かったと自負しています 脱却というかサブカルとサブカルチャーの境界の認識 サブカルチャーについての理解です 

そのきっかけはビートルズでした (高2で聴き始めてビートルズが本当に大好きで大好きで大好きでtumblrビートルズの投稿を英語でしまくるという多少イタイ事もしてた でもリアクションは300くらい貰っててそれなりに見てくれる人はいました 楽しかった  あはは これは自慢です)

ビートルズについてはまた別の機会に記事を書くつもりでいるので深くは話しませんが 60年代半ばから後半にかけてのカルチャーはビートルズ人気も手伝って 世界的にものすごい広がりを見せたわけで ビートルズがいなかったらなんてとても考えられない 

そういう文化の発信という点においてもビートルズは一役買っていて それを通してサブカルチャーについて気づきの域値を超えたとき 理解がパッと一気に広がるというか全ての物事が頭の中で繋がるという感覚 

それ以降サブカルという安直な短絡的で雑な括り方にはいい気はしないし でも無理に相手に理解を押し付けるなんて気は毛頭なくて つまり何が言いたいかというと 何事も自分の興味に関係なくあらゆる知識をある程度広く浅くでも持っていればとても豊かなんだよなと思うし 誰がそういった豊かな人物かと言えばタモリさんなんです

結論 みんなタモリ倶楽部を見ろ